クレジットカードのよくある質問 入門編

使えば使いこむほど便利なクレジットカード

使えば使いこむほど便利なクレジットカード
クレジットカードは使えば使うほどお得感を実感できるカードです。
例えば

クレジットカードはお金がないときにカードで支払う事ができる

突発的に欲しいものをお店で見つけてしまった。でも財布の中にはお金がない時ありますよね。
お金をATMにおろしにいくにもそのATMの場所を探しに行く必要があるしもしかしたら手数料がかかる時間帯かもしれない。
また買い物をすると意外に小銭って貯まるもの。そうすると財布が小銭だらけってことはよくあることですよね。
しかしクレジットカードなら小銭がたまる心配はありません。カードで一括払いをすることが可能です。
ATMを利用することにより探す時間そこまで移動する時間、時間によっては時間外手数料までかかってしまう。
クレジットカードなら会計が一発です。

クレジットカードはポイントが貯まる

クレジットカードにはそれぞれポイント還元があります。店舗であるポイントカード同様に利用するごとにクレジットカード会社の規約にそったポイントが貯まっていきます。
店舗で発行するポイントカードとの違いはポイントカードはその店舗でしかポイントは貯まりませんがクレジットカードはどの店でもクレジットカードが利用できればポイントがたまていきます。

公共料金に利用が出来てポイントも貯まる

電気代、ガス代、水道代。これらの料金は人が生きていく上で切っても切れないサービスです。
必然的に毎月支払う料金となってきます。どうせ払わなくてはいけないのならポイントが貯まったほうがお得ですよね。
また毎月自動的に口座から引き落とすことができるので払い忘れる心配もありません。

その他にも国民年金や電話料金も支払うことが可能です。

ポイントって何に利用できるの?

さて先程からポイントポイントと言っていますがそのポイントって何に利用できるのでしょうか。
クレジットカード会社によりますがポイントと様々な商品と交換したりギフト券と交換できたりします。
また航空券と交換できる「マイル」が貯まるクレジットカードもありますのでよく海外旅行をする人はマイルが貯まるクレジットカードを利用
してみるのも良いかもしれませんね。

クレジットカードには様々な特典がついてくる

会員特典としてカラオケやエンタメ施設やレストランやホテルの割引はもちろんコンサートのチケットが発売日より予約できたりします。
また加盟店によってはクレジットカードを利用しなくても見せるだけで割引をしてくれるところもあります。

クレジットカードのポイントについてもっと知りたい方へ

さてクレジットカードを利用するとポイントがつくことがわかりましたがどれくらい利用すればポイントがつくのでしょうか?
まずは加盟店でレジでクレジットカードを利用する。
そこで利用する金額に応じてポイントが付く。大体、合計金額の0.5%~1%であることが多いので1万円を利用した場合50円~100円分のポイントが付加される。
このように毎月ポイントとして計算され合算されていく。
気をつけないといけないのは100円につきポイントがつくのか1000円につきポイントがつくのかということ。
いくらポイント還元率が高いからと言って100円毎だとポイントが付くのに1000円毎である場合999円の場合ポイントがつかないことになる。
またポイントには使用期限があるものがあり、その期限をすぎるとポイントが消滅してしまうこともあるので注意が必要だ。

セゾンカードなどは永久不滅ポイントなど謳っている。
大体のクレジットカード会社は1年~2年であることが多い。

貯まったポイントはそのポイントに応じて様々な商品やサービスと交換することができる。
利用ポイントは100ポイント毎に利用できたり1ポイント毎に利用できる場合がある。これは交換ポイントが少なければ少ないほど効率よく
ポイントを利用することができる。
理想的なクレジットカード会社は100円毎に1P以上のポイントが付加されポイント交換をする場合は1Pから交換できるシステムを持っている会社だ。
そしてさらに付け加えるならポイントの使用期限が無期限であること。
逆に同じポイント還元率でも1000円毎に10Pが付加され1000ポイント毎に交換できるクレジットカード会社は非常に効率が悪いためポイント還元率が高くても
すぐに飛びつくようなことはやめたほうがいい。使用期限が1年となるとさらに最悪だ。
店が発行するようなクレジットカードの場合、その店で利用できるギフト券などお得なケースが多い。
またポイントをマイルで貯められるカードもある。また提携している電化製品店やその他お店で利用できるポイントと交換することも可能だ。
その場合は手数料として一定のポイントを引かれることが多いため注意が必要だ。最も効率よくポイントを使うには1P=1円になるような
レートではなく1P=3円など1P辺りの単価が高い商品やサービスを選択するべきだ。

またクレジットカードの中には毎月の支払いにそのままあてることができるカードもある。

-クレジットカードのよくある質問, 入門編