クレジットカードのよくある質問 入門編 比較

クレジットカード選びのポイント

クレジットカード選びのポイント
沢山あるクレジットカードの中でどのカードを選択すればいいのでしょうか?
あなたに合ったクレジットカードは?
それはあなたのライフスタイルに合ったカードだ。

まずは自分がどんな物を買いどんなものが欲しいかを洗い出してみよう。
通勤で定期券を使うのか?よく利用する店はどのような店か?
電化製品はよく買うのか?どのスーパーによく行くのか?百貨店は利用するのか?
車に乗っているのか?携帯電話はどのキャリアか?

そしてそれぞれの利用金額を家計簿をつけるみたいに書き出してみるのだ。
そうするとあなた毎月どのような物にお金を使用するのか理解できるはずだ。
そしてその生活サイクルの中で厳選したクレジットカードを利用するというわけだ。
持ちすぎてもいけないし少なすぎてもいけない。
これがわかれば次のポイントに移ることができる。

クレジットカードの年会費

まずは「年会費」が重要になってくる。
大きく分けて年会費無料のカードと年会費がかかるカードがある。
もちろん無料にこしたことはない。
しかし年会費がかかるクレジットカードはそれだけ特典も大きくなると言うわけだ。
利用料金が少なければ年会費のかかるカードは高くつくが一定金額を使用する人にとっては大変得なカードへと変化するわけだ。
またあなたが毎年◯◯万円以上利用する人であるなら年会費が無料になるクレジットカードもある。

クレジットカードのポイント還元率

次に大切になるのはポイント還元率。
平均して0.5%~1%のポイント還元率のクレジットカードが多い。
なのでそれより低ければそれだけ還元されないしそれ以上高ければ高還元率というわけだ。

クレジットカードに付帯する旅行保険

自動付帯、利用付帯ふくめて海外、国内旅行の保険も重要ポイントとなってくる。
これがついてくるとついてこないでは大違いだ。
補償がないカードは避けたいものだ。
理想としては2000万円以上の補償額がつくクレジットカードが良い。

その他のクレジットカードによるポイント

ポイントの種類

クレジットカードの数だけポイントが存在する。共通して利用できるポイントのほうが使い勝手は格段に上がるだろう。

国際ブランド

VISA、MasterCard、JCBなど7大ブランドがある(日本では5大ほどに絞られるが)

電子マネーへの対応

SuicaやnanacoやEdyなどここ最近、電子マネーを利用できる場所は増加している。
そのポイントとして還元できたりチャージができると効率がよい。

ステイタス

ベーシックカードからゴールドカードやプラチナカード、最高級のブラックカードなど持っていだけで最高のステイタスを得ることができるカードまで
様々だ。自分のステイタスに合ったクレジットカードを選択したい。

利用シーン

どのような施設を利用するのかどんなモノにお金を使うのか。

プロパーカード

カード会社が発行するクレジットカード。
余分なサービスがつくことはない。

提携カード

カード会社と提携企業が組んだクレジットカード。
その提携先の利用が得になるカードであることが多い。

これらのポイントを総合して重要度の高いものがあなたの選ぶべきクレジットカードというわけだ。

-クレジットカードのよくある質問, 入門編, 比較