クレジットカードのよくある質問 入門編

ECサイトでクレジットカード決済は安全なのか?

クレジットカードは個人情報とお金が絡むカードですから
これが悪用されてしまうと大変なことになってしまいます。

そこで不安になるのがECサイトでのクレジットカード情報の登録。
通常クレジットカードの情報を登録するときカード番号とカード名義とカードの有効期限あとはセキュリティコードを記入する形になります。

もし仮に店舗側がその情報を利用して悪用しようと思えばできるのではないかという心配がでてくると思います。実際そのセキュリティはどうなっているのでしょうか。

補償制度と利用する店の厳選

もちろんこのような情報を利用し悪用するのはできないわけではありません。だからこそ補償制度というものがあるのです。そして得体のしれないサイトでクレジットカードの情報登録は止めたほうがいいということです。もちろんECサイト以外でも海外の店舗でスキミングされて不正利用されてしまうことはあります。だからこそ知名度のある会社やECサイトを利用する必要があるのです。例えECサイトでクレジットカードを利用しなくても住所、名前、電話番号など重要な情報を登録する形になりますからそれを悪用することは可能なのです。なのでカード情報をあつかう企業はPCIDSSという日本カード情報セキュリティ協議会が作り出したセキュリティの基準があるわけです。

クレジットカードは信用のカードです。
だから利用する側も信用できるお店やECサイトで利用しなければならないのです。

そしてそのECサイトか安全かどうかを確認する必要がでてきます。

安全なサイトを確認する方法

ではどう確認すればいいのでしょうか?
まずそのサイトのURLを見てみましょう。

まずダメな例からいきます。

「http://」

次に暗号化されているURL

「https://」

Amazonや楽天の決済ページを見ていただければわかるのですが
ちゃんと暗号化されています。そして鍵マークも出現しているはずです。
これらのないサイトやメールでカード番号を送るのは絶対に止めましょう。

そしてこまめにクレジットカードの利用履歴を確認してください。
不正利用をする人でバレないように少額を毎月引き落としたりしているところもあります。家計簿同様にその日にどこでなにを買ったか毎月必ず確認することです。そうすることで見に覚えのない店舗や金額を見つけることができます。時間が立てばたつほど利用履歴をたどり調査をするのが困難になってきます。
そして万が一不正利用が発覚したらすぐにクレジットカード会社に不正利用の趣旨を説明しましょう。

やはりクレジットカードは怖いものだと思うかもしれません。
しかし常に上記であげたような店選びから不正利用が起こってしまった時の対策をきちんと知っていればクレジットカードは全然怖くありません。

-クレジットカードのよくある質問, 入門編