クレジットカードのよくある質問 入門編

クレジットカードの年会費

クレジットカードを利用する上で必ず問題となってくるのが年会費。
クレジットカードの年会費には無料のカードと有料のカードがあります。

でもそこのあなた。

簡単にクレジットカードの年会費は無料と有料だったら無料のほうがお得!
だと思っていませんか?

もちろん無料はいいことです。
使ってもないのに年会費だけ取られるのってなんだか
割にあいませんよね。

でも年会費が有料のクレジットカードにはそれなりにメリットが
あるから入る人は入るのです。

え?じゃあ有料のクレジットカードにはどんなメリットがあるの?ってことになりますよね。

それはクレジットカードをよく利用する人にそのメリットが活きてきます。

例えばポイント還元率が高かったりホテル等のエンターテイメント施設でより良いサービスを受けたり補償金額が大幅に増えたりなどのメリットです。使う分キャッシュバックも大きくなると言うわけですね。だから結果的には年会費以上に得してしまうってことですね。

だからクレジットカードをよく利用する人は年会費のあるクレジットカードも視野にいれてみましょう。
反対に年にクレジットカードは数回しか使わないという人は年会費無料でも全然構わないですね。

ここでポイント
・クレジットカードをよく利用する人は有料のクレジットカード
・クレジットカードをあまり利用しない人は無料クレジットカード

年会費無料だったらお金の心配をしなくていいって勘違いはいけません!

仮に年会費無料でも気をつけなければいけないことがあります。
それは初年度は無料だけれど2年目からは年会費がかかるというクレジットカードが意外にあるということ。
もちろん2年目以降もそのクレジットカードを利用すれば無料となるパターンも多いのですが
まったく使わない人からしたらそれだけで年会費が取られてしまうわけですから入会するまえによく注意事項を読む必要がありますね。

でもクレジットカード会社からすればクレジットカードを利用することによって利用手数料が収益になるわけですから沢山クレジットカードを通して利用してくれるお客さんのほうが優良顧客なわけですね。そんなお客さんを優先してサービスをしたいと思うのは当然ですし
全く使ってくれない人は維持費などでコストだけかかってしまうのです。
だから2年目からのクレジットカード利用がない人は有料になったりするのですね。
ただ一回でも使えば無料になるわけですしポイントもつきますので積極的につかわない手はないですね。

えええ?それでももし使い忘れることもあるから不安だって人は
光熱費や携帯代にクレジットカードの引き落としにあてちゃいましょう。
そうすると自動的に毎月利用するということになりますので半永久的に年会費が無料になります。

毎月の光熱費3万円+携帯代8000円として考えて
ポイント還元率が1%の場合毎月380円がキャッシュバックされる計算になります。
これが1年続けば4560円も浮く計算になります。

仮に年会費1000円1.5%のポイントがつくクレジットカードだと
6840円も浮きます。年会費の1000円を差し引いても5840円の得となり年会費無料のクレジットカードより断然お得ということなんですね。

ただ年に1回でも利用すると年会費無料ってケースは良いのですが
中には年間◯万円以上利用で年会費無料などのケースもあります。

上記の例でいくと年間45万円利用しているので◯万円以下ってことは殆どないと思うのですがその辺も自分が年間どれくらい
買い物をするのかよく計算してクレジットカードは選択したいですね。

年会費無料で人気のカード

さてせっかくなので年会費無料の人気のクレジットカードを紹介しておきましょう。

rakuten-card

楽天カード

年会費無料で人気のクレジットカードと言えば
楽天カードですね。楽天でよくお買い物をする人は必ず
持っていたほうがよいカードです。またここ最近楽天は
リアル店舗にも力を入れてきていて楽天カードならではの特典が
楽天ショップ以外でもつくようになってきています。

通常100円=1P貯まる楽天カードですがスーパーセールなどで
4倍などよくあります。また楽天経由のリアル店舗でもポイント3倍という加盟店がありますので
お店を利用するときは楽天マークがないかチェックしておきましょう。
意外にあんなところやこんな所に楽天ポイントをうまく活用できる店舗がありますよ。

-クレジットカードのよくある質問, 入門編