入門編 学生

学生必見!初めて持つクレジットカードのオキテ

学生必見!初めて持つクレジットカードのオキテあなたがクレジットカードを初めてもったのはいつですか?
クレジットカードがもてる条件はまず18歳以上であること。
次に高校生以上であること。

なので対象となるのは18歳以上の大学生、専門学校生、短大生、大学院生、高専生となります。

ですが上記の上限にあてはまるからすべてのクレジットカードがつくれるとは限りません。もちろん学生限定のクレジットカードのみとなります。社会人でない以上やはり学生の「信用」は高くないということですね。定期的に収入を得ていない学生にクレジットカードを発行するということは会社にとってもデメリットがあるということです。アルバイトをして定期的収入がある!といっても社会的信用はアルバイトだけでまかなえるものではありません。

ですがクレジットカード会社としても今のうちに囲っておけば
将来に社会人になって定期的に収入を得たお客さんに結びつくわけですから逃すわけにはいかないのです。

だから最悪、学生の親御さんを担保に「信用」してお金を貸すということになります。だから学生の方はクレジットカードを持つことができたからといって得意気にならないようにしましょう。
あくまで保護者のもとクレジットカード会社はクレジットカードを発行している事を忘れないでください。

だから基本的に利用限度額が低めの場合が多いですね。

学生がクレジットカードを作る上でどんな準備が必要なのでしょうか

信用度が低いからさぞ審査が難しいのではと思う方もいるかもしれませんが特に難しいことはありません。

社会人になれば現在の収入などその人自身の信用があるか明確に審査するため少し難易度があがりますが青田買いという部分と親の信頼という部分も含めて少し楽になります。

初めてのクレジットカードは大学生か専門学校生が多いでしょうね。特に地方からでてきたり飲み会やサークルなど交友の場がぐっと広まるのもこの期間です。勉強も大事ですが遊びもめいいっぱい楽しみたい。もちろん勉強のためのパソコンや書籍などにクレジットカードを利用するのもありですね。

JCB CARD EXTAGE
三井住友デビュープラスカード
学生専用ライフカード
楽天カード アカデミー
MUFGカード Initial
三井住友VISAクラシックカードA
JALカードnavi
ANA JCBカード

などがあります。

学生でも複数のクレジットカードが作成できるのか?

もちろん学生でも複数のクレジットカードを作成することは
できます。しかし信用度が低い学生ですし本来そこまでお金を
利用できないはずの学生がクレジットカードを複数持つことは
クレジットカード会社からすると不信感につながりますよね。
なので1~2枚くらいまでなら簡単に審査は通りますがそれ以上となると少し難しくなってきます。
もちろんそれに伴い利用限度額も下がってきます。

クレジットカードを申請する上で保護者の同意が必要になるのか

ということですがもちろん未成年の場合
は親の同意が必要になってきます。
それはクレジットカードでなくても未成年であれば当然ですね。
親の同意のないってことは親の信用もないってことです。
そんな学生にお金を信用して貸すわけにはいきません。

だから親の同意をどうしても受けたくないという学生の人は
20歳以上になるまで待ちましょう。

ただし20歳以上になったからといって学生のうちは定期的な収入が入るというわけではないので慢心せず計画的な生活を送りましょう。

学生限定のクレジットカードは社会人になれば自動的に一般用のクレジットカードに切り替えられます。そこで利用限度額なども上がりますので改めて社会人として満喫したクレジットカード生活を送って下さい。

学生で初めてクレジットカードをつくるという人はどんなカードを選択したらいいか

わからない人も多いと思います。

なのでそんな学生のためにすこしアドバイスをしたいと思います。まずなぜあなたはクレジットカードに興味をもったのですか?という部分から掘り下げてみましょう。
そこから普段の生活をする上でどんなことにお金を利用するのか書き出してみましょう。

海外によく旅行にいくならマイルがたまるクレジットカードがいいですし特定のお店でよくお買い物をするならそのお店に沿ったクレジットカードがいいのです。そんなことを考えていけば自ずとあなたにとってどんなクレジットカードがいいかわかってくると思います。そして光熱費や携帯代など毎月必ず引き落とされる
固定費に利用するのも賢い使い方です。また海外旅行で役にたつ海外旅行保険などもありますのでそのようなサポートが充実したクレジットカードを選択しましょう。

こんなお得なクレジットカードですがやはり初めては怖いものです。お金を使いすぎて借金してしまったらどうしようと不安になるのもわかります。お金は正しく使えば怖くありません。なので学生のうちからちゃんとクレジットカードの仕組みやお金の使い方を学んでおきましょう。

最初のうちはあくまで自分がもっているお金を明確に把握して

それ以上は使わないという意識で利用しましょう。
キャッシング機能などは便利ですが使いすぎてしまう恐れがありますので口座にいくらあるかその範囲で利用しましょう。

また貸し借りは絶対にしてはいけません。
友達が勝手に高額な買い物をしてしまうと貴方自身がその
買い物をしたということになります。万が一そのお金が払えないとなると今後クレジットカードを利用する上で契約できなくなってしまったりしますので気をつけて下さい。

-入門編, 学生